初心者が注意すべきパソコン購入7つのポイント

【ポイント1】パソコンを使う目的をハッキリさせる

397時間動画パソコン教室DVD4枚組iPod受講可ホームページ作成、オフィス(ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス)2003/2007

パソコン初心者からパソコン購入に関して相談された時に必ずする質問があります。それは、「パソコンで何をするのか?」という質問です。パソコンを使う目的によって最適なパソコンが変わってきます。


パソコンの世界では大は小を兼ねるので、ハイエンドパソコン(高性能なパソコン)を買えば性能面での不満は出ないと思います。しかし、ハイエンドパソコン(高性能なパソコン)でインターネットのメールくらいしか使っていないのであれば、それはお金の無駄遣いというものです。


無駄を無くすためにもパソコンの使用目的をハッキリさせなければなりません。


例えば、次のような点を考慮すれば、自分に適したパソコンのいちおうの目安が分かります。


■とりあえず、インターネットがしたいだけならばローエンドパソコン(安価な入門機)で充分

■ワープロや表計算などの事務計算が中心ならローエンドパソコン(安価な入門機)で充分

■グラフィックのきれいなゲームを思う存分楽しみたいのならハイエンドパソコン(高性能なパソコン)が必要

■大量のデーターを高速に処理したいならハイエンドパソコン(高性能なパソコン)が必要


ローエンドパソコン(安価な入門機)といっても、パソコンの性能向上には目をみはるものがあるので、ひと昔前のハイエンドパソコン(高性能なパソコン)よりも高性能という場合もあります。新品として売られているパソコンならば、ローエンドパソコン(安価な入門機)でも、インターネットを楽しむためには充分な性能を備えていると考えてまず間違いはありません。

2007年01月11日 16:34